九死に一生を得ず

アニメ感想、マンガ感想、アニメ系ライブレポ、その他雑記などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE #4 『追跡』

小清水がこんなところに出てくるとは驚いたけど、どうせなら実写コーナーで死神コスが見たかっ
………ネタばれあります

続きを読む »

スポンサーサイト

パンプキン・シザーズ #4 『ヒビ割れた肖像』

ギャグマンガでもよくある、一般人に視点を移して普段の環境(今回はオーランド)の異常性を確認させる話だったけど、1、2、話での対戦車戦闘よりも確実に恐怖と異常性は表現されていたと思う。

何より作画の充実ぶりが凄い。
オーランドの対戦車バトルに気合入ってたのは勿論、
人物はオレルドが別人かと思うくらい彫が深くなってたし
エンジニアの女の人の巨乳は、つなぎの下でももの凄い主張をなさってた。

さらにGONZOクオリティが炸裂してたのが、オーランドの悪夢描写。
あの色調、文字演出、画面展開は圧巻だった。
途中で挿入されるのもいい感じにテンションをあげていたと思う。

この悪夢の描写がアリスとの関係を経て、ラストシーンに帰結し
悪く言えば後味の悪い、逆に言ってよくここまで表現してくれたと褒めるべきなのか
オーランドの癒えない傷を悲壮にも演出していた。(EDは………)

あくまで個人の解釈だけど
まず、朝
悪夢はアリスによって打ち破られ、オーランドは笑顔で目覚めることが出来た。
しかし、赤い月が照らす夜
病院で伏せていたオーランドは、悪夢を打ち破ってくれたアリスを置き去りにし
軒下の寝床に戻ってくるのだが、体に染み付いた血の匂いを懐きの猫に嗅がれ、警戒されてしまう。
結局オーランドは赤い月の下、ただ一人で夜を明かすのだった…

最後は妄想気味だけど、かなり救いがないというか、アリスのオーランド復興もまだまだなのか
オーランドの傷の深さが後に残るシーンだったと思う。

来週はギャグもやってくれるらしいので、この憂鬱さを晴らして貰いたい。

続きを読む »

金色のコルダ~primo passo~ #4 『迷い心のワルツ』

前回からそうだけど、まっとうに恋愛ドラマが展開されてて好印象だし、ある意味新鮮な気分。
もっとハーレム的に香穂子の奪い合いが起こるもんだと思ってたから、
一人の男と向き合ってる今の状況は、爽やかだし、見ていて不快感はない。
まぁでも何のためのキャラの人数だって事で、このまま単純に土浦とくっつくわけでもないんだろうな…セクションは4つあるらしいし
月森は確実に絡んでくるだろうし、ドロドロしてくるのもそれはそれで面白し、アリかな。

冒頭に妖精と香穂子の漫才が復活したのには安心した。
あのやり取りがないと、コミカルな描写は柚木ぐらいしかなくなってしまうので(笑)、
妖精はこれからも、話が重くなりすぎないバランス取りとして役目を全うしてほしい。

その、恒例になってきた感もある柚木の王子様描写だけど、今回は前回までの背景お花畑路線からシフトチェンジして、親衛隊のリアクションでオーバーなことをやっていた。
お約束ではあるけど、こういう笑える演出は見ていて楽しい。次回はどういじってくるか。

作画も前回ちょっと危ない感じもあったが、今回はさほど気にならなかった。
むしろピアノの演奏シーンは結構動いていたし
本番のシーンでの盛り上げに期待したい。

続きを読む »

天保異聞 妖奇士 #3 『華江戸暗流』

先週、食人のネタがあったけど、今回奇士も同様に山子を中毒的に食っていることが明かされた。
この辺の狂気はただの妖怪退治とは違う要素で
ラストのシーン、往壓が異界から逃げず戦う決意を示す描写に、奇士と一緒に山子を食うシーンが比較的コミカル?というか明るく描かれてたのは、この作品の狂ってる部分が象徴されてると思う。

まぁ狂気とはいっても、そこへ至る過程が先週よりは分かりやすかったし最後にすっきり出来る脚本でもあり、素直に面白かった。

往壓が親子と別れ、異界と向き合うまでの過程は
妄想に囚われた老人とその妖夷とのバトルが、補足描写のように働いていて、
多少説明台詞が過多だった気がするけど、往壓の葛藤とのリンクに効いていたと思う。

あと色々気になる要素もさりげなく出てきていた。
新野美知ボイスのショタが巫女に変身してたし
Cパートには男じゃなくて少女?の行水姿も見れたし、期待していなかった部分でも楽しめそうで、何よりだ。

コードギアス 反逆のルルーシュ #3 『偽り の クラスメイト』

今回は学園編と帝国軍の内乱パートのダブル進行だったけど、設定説明が多くて飲み込むのが大変だった。その分シャワーシーンだとかサービスシーンで引き込んでた感じ。

ルルーシュは思ったより環境も状況も切迫していたようで、
母親を目の前で銃殺された上、妹が足と目に障害を負い政治の道具にされたという過去は、想像できたことではあったけど描写が容赦なく凄惨で、復讐の動機にもの凄い説得力を与えていた。
さらに現在の生活が、身分を隠した上で学園に匿われたギリギリのもので、いつ帝国の陰謀に巻き込まれるか分からない、
という状況にあるのも学園での偽りと共に、ルルーシュの所属する環境の脆さを物語っていたように思う。
妹の住む世界を守りたい、というのもかなり追い込まれた上でのことなのかな。

一方の帝国側にも動きがあった。
どうやらクロヴィス亡き後の混乱に乗じて“純血派”なる過激派が権力掌握を狙っている模様。
この陰謀に巻き込まれたのか、ラストにスザクは犯人扱いを受けていたけど、血の問題も対立項に入ってくるのかな。
テロリストでクラスメイトのカレンはハーフだし、色々複雑になりそう

他にキャラ描写としては
あっさり総督を殺したルルーシュが、現場を思い出して吐いているなど意外に脆いとこも見せていて、その後の自分を客観視したフォローなど、前回から引き続き微妙な悪役キャラの描写は丁寧に見せていると思う。(その分スザクが足りてないかな)
友人に本当の信頼を感じていないところをみると、シャーリーやリバルにも見せ場は出てきそうなので、カレンも含めて学園編にも色々期待が持てる。
シャーリーには報われて欲しいけど、今からいつギアスの犠牲になるのか、心配で仕方ない。

次回はいよいよゼロ仮面の登場で、また話が動いてきそう。

続きを読む »

Kanon #3 『記憶のない組曲~partita~』

い、今朝倉涼子が刃物をもって突撃してなかったか!?
こんなヒキはやめてくれ~反則だ~

続きを読む »

Kanon 1&2話でのポエムについて

3話前にしてようやくまとめました。
原作未プレイ、東映版を見ていない人には参考になるかも

続きを読む »

ネギま!? #3 『ほー、仮契約カードはそうやって使うのか byエヴァ』

序章だったのかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!これはやられた

今回のバトルは色々映像的にも見所が多かったけど、
とにかく、エヴァンジェリンがエロかったことだけは先に書いておきたい。
所々アングルが狙ってたし、体が子供に戻るシーンは妙に背徳感があって、凄まじかった。
そういう趣味はないはずなんだけど、やっぱりギャップかな。

えー…
真面目に本編の感想に戻ると、今回は明日菜を分岐にした対比の表現が見事だった。
冒頭から途中まではエヴァ、つまりヴァンパイアを象徴する赤を基調とした画面作りで、禍々しさが良く出ていたし、音楽の盛り上げもあって、ホラーに思えるぐらいの出来だった。
しかし、明日菜が到着してから画面の空気は一変。
音楽はコメディ調にスイッチがきられ、
靴をぶつけられただけのエヴァの態度もおどけたものに急変。
赤が支配していた画面の中も通常どうりの色彩にもどって、明日菜が状況を一変させたことは良く分かった。

その後も多少シリアスなバトルになるものの、結局要のところで活躍したのがオコジョであったりと、もの凄い派手なバトルをやってる割には突き抜けたところまではシリアスさを持っていかず、
本質は軽いコメディノリなんだと確認できた。

パロネタは今回の話だと挿入できる場面が少なくて、最後の教室のシーンにちょこっと入ってるだけだったが、バカレンジャーにやられた!!

夕方見てる小中学生の何人がKanon知ってんだよ!!(ほかのネタも同じか

続きを読む »

DEATH NOTE #3 『取引』

駄目だライト!!取引なんかしないでも、発売中の13巻にLの本名が載ってるから!!
ネタバレあります。

続きを読む »

パンプキン・シザーズ #3 『其は貴きものなりて』

今回はアリスの家の事情が明らかになったけど、あの家であんな気質に育ったのは回想に出てた祖父の影響なのかな。
父親にキツくいわれて、ムキになって食事を取らないなど、いかにもアリスらしい青臭い振る舞いだったけど、村の人間を動かしていったのも結局はアリスの必死さ・本気が伝わったおかげってのは納得いく描写だった。
一度目の交渉の時は安易な理想論で自己満足している、それこそただの世間知らずな空回り娘だったけど
二度目では、息遣いやナイフの演出がアリスの情熱に説得力を持たせていて、貴族という身分を笠にして言った無茶苦茶なことも本気に聞こえた。(アリスは本気だろうけど)
アリスにあんな権限はないだろうし、実際の軍人はこんなこと言えない。それでも3話全体を見れば、アリスというキャラの危なげで、どこか儚いフローレスな強さが多くの描写を通じて丁寧に描かれていた回だったと思う。

オーランドの救済が第一に来るかと思ってたけど、アリス側の描写も多いし、
どうやら2クールらしいからじっくり描いてくれるのかな。

続きを読む »

ドラマ のだめカンタービレ #1

心配だ。ノイタミナが心配だ。ドラマにあれだけやられると。もう超演出しかないんじゃ…

続きを読む »

金色のコルダ~Primo Passo~ #3『匿名希望のショパン』

なるほど、音楽にはネオロマンス向きのイベントが色々あった訳だ。(別に逆でもいいけど)
冒頭の火原は合奏と銘打ってはいるけど、完全にピンチにあらわれたヒーローだった。
それでも、合奏みたいな簡単に関係が進行しそうなイベントだったのに、この二人はあんまり先まで行く気配がないなぁ。火原の性格が明るすぎで狙ってるように見えないし、香穂子のほうも先輩以上には見てないっぽいし。

一方月森土浦はいい感じに対立してた。
月森は音楽にストイックな態度が好転したか、単に気があるだけか、香穂子の指の怪我には妙に親切だった。こういうのは勘違いしやすいぞ。
保健室でのやり取りからして、普通科で素人であるが故に純粋な香穂子が、月森に音楽の楽しさとか、気持ちの面で“祝福”を与えていく役割になるのかな。妖精の狙いはこれか

さらに、土浦はピアノの腕を隠していたことが発覚。
ってか、よくOP見たら最後の止め絵でピアノと一緒だったし、こいつは。
そこでさらに、「コンクールには伴奏者が必要」という、これまたネオロマに都合のよいカップリング設定が発動してくれたおかげで、“おねだりする香穂子”というこのアニメでは、貴重な女の子キャラの可愛いとこが見れた。
どうやら土浦は普通科で音楽をすることに抵抗というか、プライドの許さないところがあるらしく、これをどうにかしていくのも香穂子の祝福の役割になりそう。なんか段々話の構造が見えてきた気がする。

最後には香穂子が月森ファンの女の子(多分)に伴奏者に立候補されて、陰謀の匂いを漂わせるなど、相変わらず引きは分かり易く盛り上げるし、全体的にも少女漫画の王道展開で、普通にドラマとしても面白くなってきた。

あぁ、でも本編でなのだ~妖精と香穂子の漫才が見れないのはちょっと寂しい

天保異聞 妖奇士 #2 『山の神堕ちて』

結局央太は何故異界に惹かれていたのか、最後まで分らなかった。
まだ異界に対して充分に説明されてないから、仕方ないんだろうけど、これだと父親の乗り移った妖夷を倒して一件落着みたいになっても、何が解決されたか良く分からない。
あの父親の台詞「米や麦じゃ駄目なんだ」ってのと
豊作ではないが米は採れたってこと、
さらに、生贄の信仰がその村にはなかったらしいことから
父親は単に、姉を喰ったことで人肉の味をしめて、央太までも食べようとしたってことか?
一回目の回想が母親の虚言で、二回目が真実だとしたら、母親もグルっぽいな。
そういう現実に絶望して、異界に自分の居場所を求めたってことかなぁ…
でも、そうすると央太の“母親と現実で生きていく”みたいな台詞が良く分からん。

バトルは派手になっていて見所があったし、三木眞オカマはいいキャラしていて面白そうではあった。

コードギアス 反逆のルルーシュ #2 『覚醒 の 白き 騎士』

アバンの時点ではどうなるのか、かなり不安だったけど、
今回については杞憂に終わったようで、安心した。
こういう小難しくない面白さなら、大歓迎だ。グッバイ反米。カモン、エンタメ!!

Aパートは、まずルルーシュの能力の限界説明から。
万能無敵のように見えたギアスの能力も実際に人間の目を見ることが条件ってことで、
ナイトメア同士の戦闘なら無意味になるだろうし、王の力は人民にのみ作用するってことだろうか。
その後はテロリストを手駒にした、まるでチェスを指すかの様なルルーシュの戦術眼を披露。
ハッキングで相手のナイトメアを奪い、識別信号を操って奇襲を成功させるなど、
この辺はギアスの能力に頼らないルルーシュの王の資質をみせていたのかな。
ただ、このまま普通に帝国軍を押さえ込んで総督の所へ乗り込んでいたら、あの黒い笑顔と相まって、ただの憎たらしい主人公にしかならなかったと思う。

この辺は見事にBパートでバランスを取ってくれた

Bパートはスザク搭乗の新型兵器、ランスロットが気持ちいい戦闘を見せていた。(ブリタニアってくらいだから円卓の騎士がでてくるのかな)
ルルーシュが思い通りに運んでいた戦局は一変
スザク操るランスロット一機が、スピード感溢れる戦闘で次々テロリストを撃破していく様は、
「ざまぁ見やがれ、ルルーシュ。そんなに上手くいくか」
って感じにすっかりルルーシュを悪役化して、テンション上がっていた。

この辺の戦闘はナイトメアが4メートル級の小型機だってこともあるんだろうけど、ランスロットのポージングといい、機敏でアクロバティックで爽快感のある、テンポのよいバトルだったと思う。

しかしルルーシュもただの小悪党では終わらなかった。

「学ばなければな、実戦の要は人か」
「戦術的勝利などいくらでもくれてやる」


など、野心と同時に自分の能力を過信しない器を見せていて、なかなかいいキャラになるんじゃないかと思える一節だった。

そして最終的には総督の元にたどり着き、奪還を宣言するルルーシュ。

いや燃えた燃えた。1話以上に素晴らしい密度の30分だった。
この調子で頼むぞ。

Kanon #2 『雪の中の入祭唱~introit~』

アバンの意味深ポエムについては別記事で考えることにして

悩みどころが多かった1話に比べて、2話はまったり楽しめたかな

続きを読む »

ネギま!? #2 『うっそ、仮契約ってそんなことすんの!? by明日菜』

OPが披露されたけど、画はモノトーンだし、まだまだ出し惜しみしてるのかな。
セリフは案外あってる気もしたので、このままでも面白いかも。
しかし、サビの一番盛り上がるとこを歌わせるのが野中藍とは恐れ入った。
セリフと合わせてキャラソンに歌唱力など必要ない!!と旗を掲げてる気がする。
画の方も、あの机が折り重なった迷宮?みたいなオブジェから、31人が次々と出てくるのは面白い。センスが常人とどこか違う感じだ。

本編は…なんかネギまに対して抱いていた、安易なハーレムもの偏見を吹っ飛ばしてくれるシリアス展開が続行中。
さらに画面内でも新房センス全開だった。
デスノのアバンでやってたぐらいの画面構成の変化が、本編でバシバシ起こるし
過去のサウザンドマスターのバトルになると、色調が一変、陰影のエッヂが効いた重い画に変わるわ
相変わらず教室では随所に黒板ネタを仕込んでくるなど、忙しすぎて目が回るとはこのことだ

一話では戸惑いのほうが大きかったけど、これはもう「ぱにぽに」の焼き直しなんかじゃなく、更なる進化型、もしくは一歩先へ進むことを目指している作品である、と認識してもいいのかも。

とにかく、先の出来にいい意味でワクワクしてきた。

DEATH NOTE #2 『対決』

あぁ一話の作画よ、帰ってきて…
ネタばれあります。

続きを読む »

パンプキン・シザーズ #2 『戦災復興部隊』

二話目にして重大でどうでもいいことに気付いた。
パンプキンシザー「ス」じゃなくて「ズ」なのか…検索してきたひとごめんなさい。濁点抜けてました。

続きを読む »

乙女はお姉さまに恋してる #1『口紅をひいた王子様』

お姉さまと書いて「ぼく」と読むようで。
もっと軽いノリを想像してたが、大分勝手が違う。ストパニの一話を見た感じに似てるなぁ。
作画の印象からか、雰囲気に上品な感じすらしたし、制服のせいかな。
その割にはサービスシーンも普通にあった。
あのパジャマパーティーは男には辛いだろう。色んな要因でバレそうだけど、瑞穂君は性転換したわけじゃないんだよな。

それと「ごきげんよう」とか姉妹設定をみると、もうこれは学園百合もの定番、(というより記号か)になったのだなぁと感慨深い。百合ものは大抵1クールに1作品はあるけど、これはどういう色が出てくるのか。女装ものは亜流ではあろうけど、面白そうではある。

キャラは今回、幼馴染のまりやが目立ってたけど、もしや口がキツいのと巨乳設定は中の人にあわせたキャスティングなのか?

金色のコルダ~Primo Passo~ #2 『前途多難なガボット』

なるほど、魔法のヴァイオリンは技術面のサポートのみで、曲に対する理解とか気持ちの面が香穂子には求められるのか。
楽器の経験者には怒られそうな設定ではあるけど、素人にすれば技術面で細々と難しいことを言われるよりは、見やすいかな。
話はその技術面の努力を無視すれば、スポ根ものの側面が出てきて、ジャンプで言ったら修行描写に力が入ってる感じだった。
天才or先輩の演奏に刺激を受けるだとか、壁に当たれば身近な普通科の男に相談してヒントをつかむとか、香穂子の成長話として描写は丁寧だし、分かりやすい。
副題に「はじめの一歩」とあるように、音楽でも気持ちが第一歩である、ということかな。


で、ネオロマな展開はどうなっているかといえば、前回出番の少なかった志水にも香穂子とのエンカウントがあったし、まだまだ全員に均等に回してる印象。
ただ、サッカー部の土浦とツンな月森はそれぞれ香穂子との関係が一歩踏み込んだようで、来週の対決が楽しみ。
柚木の王子様描写には笑った。一話でのバックはピンクの薔薇だったけど、今回花の種類が増えてすごいことになってた。こういうキャラには必ず何か裏の設定がある、ってホスト部のれんげが言ってた気がするので、先が楽しみ。

天保異聞 妖奇士 #1『妖夷、来たる』

土6のSEED→鋼→SEED DESTINY→BLOOD+、と続いた流れからは異彩を放つ当作品。
売れ線とか、エンタメを重視しないプロデューサー・スタッフの精神にあっぱれ。
これは追いかけるのが大変そうだ

続きを読む »

コードギアス 反逆のルルーシュ #1『魔神 が 生まれた 日』

「僕は…朱雀スザク…僕は…自民党をぶっ壊す!!」
こじつけかな。それでも直球な描写も多々あった、が
第一話としては、先が非常に気になる濃密な30分だった。

続きを読む »

すもももももも #1 『地上最強の許嫁』

「子・作・りしまっしょ」
あーでも規制って厳しいな。表現の自由を訴えるんだ!考士!

続きを読む »

Kanon #1 『白銀の序曲~overture~』

予備知識ゼロ。Key原作で今回はリメイクだ、ということぐらい。
京都アニメーションの作品、初2クール作品だそうで
期待大。
録画なしの一発勝負でいきます

続きを読む »

銀魂 #25『鍋は人生の縮図である』

3クール目突入で時間帯変更。
22%アップは伊達じゃなかった!!なんだこのハジケっぷりは
デスノスタッフに喧嘩売ってますか(笑

続きを読む »

ネギま!? #1 『えーっ、いきなり31人って言われても!』

原作未読。
なんだろうか、この違和感は…
小ネタ満載で、ぱにぽにだっしゅのノリなのは分かっていたことだ。
新房監督の演出には「コゼットの肖像」みたいなのがあることも承知している。
それでも拭えないこの違和感。

テンポが悪いように感じてしまったせいなのかもしれない。

黒板ネタの連発や、次々に画面が構成を変えていくシーンは、ぱにぽにのそれと同じで軽快だったが、
冒頭のシリアスな色調と空気を本編に引きずって、バランスを失ってしまったのかもしれない。(作品じゃなくて、見ている自分が)

まぁ来週にはOPがあると思うのでそれで切り替えられるハズだ。

DEATH NOTE #1 『新生』

M先生「音と色が付くってズルいですよ!!」
K監督「いや、これアニメだし…」

ホント同感ですよ紳士。

続きを読む »

パンプキンシザース #1『不可視の9番』

青い鬼火と共に奴らはやって来る…
901、ATT(アンチ・タンク・トルーパー)
命を無視された兵隊…

ってオーランド怖ええええぇぇぇぇぇぇぇ。&ブチ壊しED植田佳奈ソング!!
衝撃だ!面白い!

続きを読む »

金色のコルダ~Primo Passo~ #1 『ありえないプレリュード』

ありえないプレリュードどころか、乙女アニメとしてベタで王道で、非常に丁寧な第一話だったような。とにかく作画が綺麗なので視聴続行決定かな

続きを読む »

ギャラクシーエンジェる~ん #1 『出撃!天使のスクランブる~ん』

腰振りOPはどうなんだろう
本編はハイテンションギャクアニメ?戦闘シーンのCGがかなり豪華だけど。
マゾ男爵でおしまくったのはいいけど、それだけだったかなぁ。キャラがまだ掴みきれない
平野綾のエロ台詞は、いい天丼具合でよろしかった。
KEEP OUT はやめてくれ。
来週からおとぼくもここで感想書きます別記事

 | HOME |  古い日記に行く »

 

最新記事

カテゴリー

FC2カウンター

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。