九死に一生を得ず

アニメ感想、マンガ感想、アニメ系ライブレポ、その他雑記などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンプキン・シザーズ #2 『戦災復興部隊』

二話目にして重大でどうでもいいことに気付いた。
パンプキンシザー「ス」じゃなくて「ズ」なのか…検索してきたひとごめんなさい。濁点抜けてました。
あらすじ
オーランドはダム事件での功績が認められ陸上3課に伍長として迎えられることとなった。
3課は差出人不明の嘆願書、“治安が乱れている”ことの真相を確かめるため、ある貴族の領地に行政指導に向かう。
その領地で行われていたのは、領主が戦車で領民を追い立てる、ゲーム感覚の猟奇趣味、鬼畜貴族の蛮行だった。
嘆願書の差出人は貴族の館のメイドたちで、自らも貴族の身分である、アリス少尉は彼女達に誇りを取り戻させ、3課は貴族を人為戦災として認定し、排除することに成功する。


なんだ、この着実な面白さ。地味だけど、この安定感はどうなんだ。脚本はこうでないと

今回は陸上3課面々のキャラ掘り下げと世界観補足回ってとこだけど、貴族と平民のありがちな対立話にひっかけて、非常にスムーズにどちらも行われていた気がする。

まずアリスが一話の空回りが強かった印象から一変、熱血ながらも高貴であり、なによりセリフの端々に情熱と誇りを感じさせ、ある種カリスマさえ見える印象を受けた。
鬼畜貴族の振る舞いには身を震わせて激昂。
メイドとのやり取りでは自分が貴族であることを明かし、彼女達に尊厳を思い出させるよう仕向ける。
オーランドの達観じみた姿勢にも、足元をみることを忘れさせない上官としての態度。
なんだこの完璧ヒーローは。眩しすぎるぞ(お惚けまで完備して隙がない)
最後オーランドが貴族を撃とうとして、アリスの声がブレーキになったのは印象的だった。
「撃つな」じゃなくて「今助ける」だったのもオーランドには経験したことのない言葉だったろうし。

さらに3課の二人もいい味だしてた。
部隊の処遇を愚痴りつつも、オレルド、マーチス共に、貴族から罵倒された時はいい表情してたし、どっちも仲間思いで好感がもてる。
ステッキン植田佳奈はマスコットとしての印象しかないけど(笑

テーマというか、貴族と平民の対立での「生まれよりもどう生きるかが重要」という訓示も、上手いことオーランドの境遇に当てはまって、彼の戦う理由付けとして分かりやすく見せていたと思う。

やっぱ脚本は一話通じて視聴者にストレス溜まるような構成より、今回みたいに開放感が見た後に残るようなのが、エンタメとしてはベターなんだろう。あくまでエンタメとしての完成度の点では。

褒めちぎりの感想になちゃったけど、最後にひとつ。
バトルには多少不安が残った。
いくらATT(アンチ・タンク・トルーパー)だからって、1話と戦闘一緒じゃん!!もっと色々と見たいぞ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://k8c.blog76.fc2.com/tb.php/21-768eebcd

パンプキン・シザーズ 第02話 「戦災復興部隊」

どうにもこの作品を信用し切れていない私は今回すぐに失速かと思っていたが大はずれ。外れる分には嬉しいです。序盤では老人がアリスに話しかけていた時点で、この調子で堅実に街の人達からの情報収集などを描いていくのか

パンプキン・シザーズ 第2話「戦災復興部隊」

パンプキン・シザーズ 第2話戦災復興部隊 さらに魅力が増してます!アリス少尉萌え!!

パンプキン・シザーズ #2

第2話では、オレルド&マーチスの部下思いの一面が見えました。一見やる気なさそうですが、彼らなりに熱い思いがあって戦っているようです。しかし一番熱いのは、やはりアリス少尉!...

パンプキン・シザーズ・第2話

「戦災復興部隊」 空席に苛立つアリス。時は刻一刻と過ぎる。そんな彼女が待つものは

パンプキン・シザーズ 第2話「戦災復興部隊」

秊 正義は絶対に勝つ! 悪役は徹底した悪であり、情け容赦なくぶった斬る! そう、これは時代劇なのです。 最近は作り手も視聴者も変に賢くなってしまい、悪の論理であるとか絶対の正義など無いとか言う。 そんなの解ってんだよ。 だからこそ、正義に憧れる

パンプキン・シザーズ 2話 を語る

今期期待の新作第2話です。まあ、期待と言っても伊藤静のアリスに目がいっちゃってるんだけど。最近傾いてるんで。シャナのヴィルヘルミナとか好きですしねー。

【アニメ】 パンプキン・シザーズ 第2話 「戦災復興部隊」

【英題】Pumpkin Scissors 【ハイライト】OP⇒逃げる平民3人⇒戦車で追う貴族⇒陸情3課⇒マーくん降格⇒暴れる少尉⇒伍長、今日付けで3課入り⇒甘噛み伍長⇒確かに軍人じゃないが…⇒今日の任務は行政指導⇒ムズムズ⇒3人

パンプキン・シザーズ 第02話 「戦災復興部隊」

バカに権力を持たせるとロクなことがねぇな。

パンプキン・シザーズ 第2話

              「戦災復興部隊」    いきなり、戦車の砲撃で腕が飛ぶところから始まった第2話 ですが・・・何はともあれ、今回はオーランド伍長が パンプキン・シザーズに配属されるぜい! 同時に「甘噛みマー君」は降格処分に(笑)....

Pumpkin Scissors 02話 「戦災復興部隊」

Pumpkin Scissors 2 (2)ダム占拠事件の後第3課に迎えられたオーランド、その頃市街では市民を的に狙った悪質な事件が勃発していた・・・。見てて思ったんですが、これって全て1話完結型の構成なんでしょうか?個人的にはこういった部隊とか、任務とかを謳うアニメは1話...

パンプキン・シザーズ Episode:02 『戦災復興部隊』

「どう生まれたかじゃない。大事なのは、どう生きるかだ。」本当、見ごたえのあるアニメです。今回みたいに、貴族云々、というところに深く触れていって欲しいです☆※ネタバレあり~

パンプキン・シザーズ 第2話 戦災復興部隊

オーランドは相変わらず強かったです。マーキュリー号は伍長だったんですね。どうやって兵を率いていたのか気になります。今回は少尉達4人が視察に向かいましたが、以下は部隊についての記事です。部隊を分類する

パンプキン・シザーズ「戦災復興部隊」感想

【10秒で分かる、今日の『ぱんぷきん・しざーず』】アリス少尉はおかんむりオーランド伍長は散々な目に行ってみたら戦車の的に危機の際には本性見えたりだったらやるぞと突っ込んだり世界は変わらずそれでも前に進んだりういうい、んでは「パンプキン・....

パンプキン・シザーズ 第2話「戦災復興部隊」

パンプキン・シザーズ 第2話「戦災復興部隊」オーランド伍長が第3課に加入し初仕事です。

パンプキン・シザーズ #02

 <あらすじ>新しく仲間に入ったオーランド伍長を連れて嘆願書に書かれている街へ行く陸情3課。その内容は領地を治めている貴族についてだった。

「パンプキン・シザーズ」レビュー

アニメ「パンプキン・シザーズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):アリス・L・マルヴィン少佐(伊藤静)、ランデル・オーランド伍長(三宅健太)、オレルド准尉(鳥海浩輔)、マーチス准尉(鈴木千尋)、ハンクス大尉(チョー

(アニメ感想) -Pumpkin Scissors- パンプキン・シザーズ 第2話 「戦災復興部隊」

Pumpkin Scissors 2 (2)先のダム占拠事件解決における功績が認められ、陸軍情報部第3課へと迎えられたオーランド伍長。そして、早速の任務はウォルキンス領地へと向かうこと。治安が乱れているとの差出人不明の嘆願書の審議を確かめるためです。しかし、街へと入ったアリ...

パンプキン・シザーズ #2 『戦災復興部隊』

二話目にして重大でどうでもいいことに気付いた。パンプキンシザー「ス」じゃなくて「ズ」なのか…検索してきたひとごめんなさい。濁点抜けてました。...パンプキン・シザーズ #2 『戦災復興部隊』

レビュー・評価:パンプキン・シザーズ/Episode : 02 「戦災復興部隊」

品質評価 35 / 萌え評価 20 / 燃え評価 25 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 26 / お色気評価 1 / 総合評価 22レビュー数 80 件  先のダム占拠事件解決に於ける功績が認められて、陸軍情報部第3課に迎えられたオーランド伍長。新入りの彼はアリス少尉ほか上官たちとウォルキ

 | HOME | 

 

最新記事

カテゴリー

FC2カウンター

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。