九死に一生を得ず

アニメ感想、マンガ感想、アニメ系ライブレポ、その他雑記などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ のだめカンタービレ #1

心配だ。ノイタミナが心配だ。ドラマにあれだけやられると。もう超演出しかないんじゃ…
原作は二人が日本にいる間までは読んだけど、結構前なんでうる覚え。
それでも、この雰囲気といい、役者といいビッタリハマってる気がした。
千秋役の玉木宏は、活舌こそ難があるように聞こえたけど、それ以外はほぼイメージどおりだった。
のだめ・上野樹里はもう、これしかないって感じ。

役者の演技は竹中直人を始め、コメディノリを充分に意識してるのか多少大げさな芝居だけど、充分話にテンポを持たせていて、楽しく見れた。

演出もコメディタッチを原作並みにバランスとってるのか、大分色々やってた。まだ第1話だから、多少の遠慮と違和感はあったけど、演出側も視聴者も徐々に慣れていけそう。スローモーションはもうちょっと派手にやった方がいい気もするんだけどなぁ。

そして心配なのがアニメ版。
ドラマは原作を尊重した上で、新たな解釈の物語をみせるようなのが普通だと思ってたから、アニメはどうするんだろう。
原作準拠なのか、そうでないのかは議論が絶えないところだけど、アニメが同じようにやっても飽きちゃうよなぁ…

どうするJ.C.STAFF!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://k8c.blog76.fc2.com/tb.php/28-15560e09

 | HOME | 

 

最新記事

カテゴリー

FC2カウンター

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。