九死に一生を得ず

アニメ感想、マンガ感想、アニメ系ライブレポ、その他雑記などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kanon 1&2話でのポエムについて

3話前にしてようやくまとめました。
原作未プレイ、東映版を見ていない人には参考になるかも
1話OP後
夢…夢を見ている 
毎日見る夢、終わりのない夢
赤い雪、赤く染まった世界
夕焼け空を覆うように、小さな子供が泣いていた
せめて流れる涙を拭いたかった
だけど、手は動かなくて、頬をつたう涙は雪に吸い込まれて
見ていることしか出来なくて、悔しくて悲しくて
大丈夫だから、だから泣かないで
約束だから
それは誰の言葉だったろう、
夢が、別の色に染まっていく
ん…約束だよ…


まず誰が言っているのか
絶対音感が足らないのではっきりしないけど、堀江由衣…だと思う。つまり天宮あゆ。
次にいつのことか
これはポエム途中の映像に、七年前回想時の祐一にそっくりなシルエットが出てくることから、おそらく同時期のものと思われる。
場夜については映像そのままだけど、雪原…ぐらいしか分からない。

内容については前述の通り、七年前の祐一が身を震わせているシルエットがあることから、“小さな子供”は祐一で間違いないはず。

次に

だけど、手は動かなくて、頬をつたう涙は雪に吸い込まれて
見ていることしか出来なくて、悔しくて悲しくて


この1節から発言者(あゆ?)は少なくとも身体の自由が利かない状態にあって、尚且つ症状はかなり重そう。
また“約束”というキーワードが盛り込まれていることも発言者があゆであることの裏付になってるかな
さらに一番の肝である“夢”については
推測しかたてられないが、“別の色に染まっていく”から、取り敢えず変化が起きていることは読み取れる。

まとめると、やっぱりあゆは怪しすぎる…(おぃ

2話アバン

夢、夢の中にいる
いつもと同じ、ずっとずっと同じ風景の繰り返し
ゆっくりとまどろみに揺られながら、
ただひとつのことだけを願う
目を閉じて、次にあけた時
別の風景が見えますように、と


1話と違って映像が窓を見上げているカットで固定されているため、ヒントが少ない。
しかし
・声は1話と同じであゆ(多分)
・1話のものと同じく体が不自由であることを想像させる。
この2点は読み取れた。

またあゆが発言者でなかった場合、体が弱いということで、美坂栞の存在も怪しくなってくる。

曖昧なことしか見えなかったけど、2クールに渡って重要になってくる仕掛けだと思うので、忘れずに押さえておきたい。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://k8c.blog76.fc2.com/tb.php/32-11db9f79

レビュー・評価:Kanon/第2話「雪の中の入祭唱~introit~」

品質評価 73 / 萌え評価 29 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 22 / お色気評価 7 / 総合評価 25レビュー数 124 件 名雪の通う学校に転入した祐一は、偶然にも名雪と同じクラスになる。部活に行く彼女を見送った後、学校で迷ってしまった祐一は名雪の友人・美坂

 | HOME | 

 

最新記事

カテゴリー

FC2カウンター

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。