九死に一生を得ず

アニメ感想、マンガ感想、アニメ系ライブレポ、その他雑記などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07年 アニメランキング 部門別

部門別ランキングはこちらから!!
1.脚本・構成

1位 コードギアス 反逆のルルーシュ
2位 天元突破グレンラガン
3位 らき☆すた
4位 金色のコルダ
5位 Kanon
6位 がくえんゆーとぴあ まなびストレート!
7位 DEATH NOTE

コードギアスとグレンラガンのどちらを上にするかはとても悩んだ。
全体の完成度、独自性などの作家性を考慮すればグレンラガンを上に見るのが妥当かもしれない。
ギアスの方では、最終2話の投げっぱなしぶりがちょっと印象悪い
でもやっぱり、グレンラガンのついて来れる奴だけついて来い!!というある意味突き放した姿勢は
エンタメ路線を歓迎するこのブログとしては素直に評価しずらい。ということでこの結果。
以下、らきすたは原作モノとはいえ、様々な方面に見せたオリジナル展開や
らっきーちゃんねるなどのメタ路線も考慮してこの位置。
コルダ、Kanonはゲーム原作を違和感なく再構成していたのが良かった。


2.作画・演出

1位 天元突破グレンラガン
2位 コードギアス 反逆のルルーシュ
3位 kanon
4位 さよなら絶望先生
5位 がくえんゆーとぴあ まなびストレート!
6位 おおきく振りかぶって
7位 瀬戸の花嫁

これは迷いなくグレン一位
あの作画の熱量は素人の自分も絵だけで感動するほど圧倒的だった
ギアスは崩れかけることも何度かあったが、ロボの戦闘シーンなどは凄かったし
ルルーシュの悪人面も物語の重要なシーン折々で、非常に美麗に決まっていた。
Kanonは初2クールでも京アニクオリティーは健在。雪国の描写が美しかった。
絶望先生はある意味、近年のシャフト演出の集大成的な表現が詰め込まれていて、充実していた。
らきすたも入れたかったんだけど、それだったらCLAYMOREだろ!!みたいな葛藤もあってランクインさせられなかった…
見た作品だけでこの混戦なんだから、レベル高いよなぁ
見てる方にとっては嬉しいけど、DVD売れないと大変だよね…

3.クオリティー安定度

1位 Kanon
2位 おおきく振りかぶって
3位 らき☆すた
4位 天元突破グレンラガン
5位 コードギアス 反逆のルルーシュ
6位 DEATH NOTE
7位 CLAYMORE

やはり総集編の入った作品を、それを入れずに高値安定していた作品より上にするわけにはいかないだろうと。
そんなわけで2強を抑えてkanon1位のおお振り2位
kanonは、AIRの化け物染みた高値安定に比べればひとつ落ちるレベルだったかもしれないが
2クールということを考えれば、決して恥じることのない京アニクオリティーを見せてくれたと思う。
おお振りは、自然な動きをする野球アニメであのクオリティーというのは、地味に思いがちだが、相当に凄いことだと思う。
なんだかんだいってらきすたの安定感も結構なもの
デスノート、クレイモアの日テレ深夜組みは、外注中心を感じさせないマッドハウスの底力を評価。


4.声優・演技

1位 瀬戸の花嫁
2位 CLAYMORE
3位 コードギアス 反逆のルルーシュ
4位 らき☆すた
5位 おおきく振りかぶって
6位 さよなら絶望先生
7位 天元突破グレンラガン

瀬戸はあの無茶なハイスピード&ハイテンション演出に声優が見事に答えていたと思う
特に水島大宙と野川さくらの捲くし立てる早口は、声優の職人芸を見せてもらった感じで楽しかった。
クレイモアはベテランから中堅女性声優の惜しみもないキャスティングに。桑島法子の熱演も勿論。


5.OPED・BGM・挿入歌

1位 天元突破グレンラガン
2位 コードギアス 反逆のルルーシュ
3位 School Days
4位 らき☆すた
5位 さよなら絶望先生
6位 おおきく振りかぶって
7位 英國戀物語エマ~第二章~

音楽も作画同様に7つじゃ枠が足らない!!怪物王女の片倉三起也入れたかったなぁ…
Kanonがランク外なのは、原作BGMを流用というのを考慮して
1位、2位はどちらもBGMの出来が素晴らしかった。
スクールデイズはランティス歌姫総動員の豪華さと、効果的な挿入歌の使い方を評価


6.インパクト

1位 School Days
2位 げんしけん2
3位 瀬戸の花嫁
4位 ご愁傷さま二ノ宮くん
5位 さよなら絶望先生
6位 らき☆すた
7位 もやしもん

現実世界の事件とのリンクや最終回お流れですらネタにしてしまった、今年一番の問題児、スクールデイズが見事1位。
放送自粛が相次いだ今年のアニメ業界のなかでも、この作品のインパクトはちょっと普通じゃなかった。
個人的にはヤンデレという属性をはっきりと飲み込めたのもこの作品のおかげ。
げんしけんは脅威の一話まるごとBLアニメ状態の衝撃に
瀬戸は中年ヤクザのコスプレ女装&ギャルゲー再現という、もはや笑うしかなかったあの回。

7.萌え・エロ・グロ描写

1位 School Days
2位 もえたん
3位 CLAYMORE
4位 さよなら絶望先生
5位 もやしもん
6位 ご愁傷さま二ノ宮くん
7位 げんしけん2

ここでもやはり強かったスクールデイズ。一体何回事後描写をみたんだろうか…
もえたんは、大人になってしまったリリカルなのはの後を継いだ変身バンクと
長谷見沙貴の隙あらばサービス描写をかかさない脚本も評価
クレイモアは色々ヤバい台詞も堂々とこなしていたのが印象的


近日中に部門別ポイントをまとめた総合ランキングと総評を上げる予定です


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://k8c.blog76.fc2.com/tb.php/51-1cccde88

【キャスティング】の情報を最新ブログで検索してみると…

キャスティング に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。

 | HOME | 

 

最新記事

カテゴリー

FC2カウンター

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。