九死に一生を得ず

アニメ感想、マンガ感想、アニメ系ライブレポ、その他雑記などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07年 アニメランキング 総合

総合ランキングはこちらから!!
(1/ 2 2:55 10位~8位感想更新 )
10位 がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 13点

自分のアニメ経験値の中では、ufotableと言えばフタコイオルタとコヨーテだったんだけど、
今回の作品はその二つに比べれば、明らかに楽しめた割合が大きいと思う
一番の要因は脚本だろうか。あくまでも前二作に比べればだけど、大分話で引っ張れていたと思う。
終盤の盛り上げはイマイチだったけど、文化祭ライブの作画に代表されるように
作画はグリグリ動くけど過度にアニメーター作画にもならない、京アニとはまた違う
このスタジオらしさが随所に出ていて、とても楽しめた
現在上映中?の「空の境界」で原作ものをどう仕上げているかも気になるところ


*9位 CLAYMORE 18点

ハイクオリティーでお馴染みの日テレ深夜からは、デスノを押さえ、クレイモアがランクイン
毎回エンディングクレジットを覗けば、アルファベットが多数…なのにこのクオリティーという不思議
いや不思議というよりは発注先のレベルが上がったか、マッド側の管理能力が凄いのか
とにかくクオリティーは終始高値安定していた
また枠の特性というか、どの要素でも表現の限界値が他よりも随分高かった印象


*8位 School Days 20点
*8位 瀬戸の花嫁 20点

正直スクールデイズがこの位置まで来るのは予想外。インパクトとエログロの部門別で1位とは言え点に格差があるんだから、それだけだったらもっと低い評価になった筈
そう、この作品、音楽関連の演出はかなり秀逸だった
作品がドロドロ愛憎劇で、そういう演出が映えるシーンが割りとたくさんあったこともあって
BGMも挿入歌も毎回変わるEDも作品の欠かせない一部になっていた

そして瀬戸。
これもまなびと同じで引きずっていたイメージ(る~ん)があったので、当初は心配していたのだが
始まってみればそんな心配も吹き飛んでいく、熱量濃い演出と濃厚な声優陣の演技
たしかにあまりに濃い出来でもうお腹いっぱい、という感じもしなくはなかったけど
夢中になってる間は、気持ちよ~く脳が溶けていくような快感があった


*6位 さよなら絶望先生 22点

*5位 おおきく振りかぶって 25点

*4位 Kanon 31点

*3位 らき☆すた 32点


*2位 天元突破グレンラガン 46点


*1位 コードギアス 反逆のルルーシュ 47点








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://k8c.blog76.fc2.com/tb.php/52-4eff3849

 | HOME | 

 

最新記事

カテゴリー

FC2カウンター

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。