九死に一生を得ず

アニメ感想、マンガ感想、アニメ系ライブレポ、その他雑記などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロの使い魔 #13 『虚無のルイズ』

first kissから始まって
最終回もキスで締める。この構成はきれいにまとまってたと思う。
でも全体を振り返れば、結構文句も残る最終回だった。
 最近のライトノベルのアニメ化で、最後までみた3作に(ハルヒ・いぬかみ・ゼロ)共通してたのが、恋愛要素、だった気がする。それも主人公とヒロインのタイマンもので。

ハルヒはあれだけ無茶な構成をやっても、最終話はキスで青春ものとしてまとめてた。
いぬかみは啓太とようこの関係を核に動いてた。もちろん売りは変態ギャグだろうけど(最終回にキスもしてた)

そして、ゼロ。
剣と魔法のファンタジーと作りこんだ世界観が売りのひとつでもあったはず。しかしこの二点はどうも描写が中途半端に終わってしまった気がする。
最終回まで来ても戦争の勃発が唐突過ぎるし、冒頭の戦略会議のおざなり具合を見ると、尺が足りてないんだろうってことが伝わってきた。
戦闘シーンにしても無口青髪少女の万能ぶりが、全て支えていたようにみえてしまった。ゼロ戦が魔法世界で竜とバトルしたシチュエーションは楽しめたけど。


しかぁぁぁしっ!!!!不満点を補って有り余るものがこの作品にはある!勿論

ツンデレのルイズだ!!

印象に残ってるシーンを思い出すと、大抵それはルイズ絡みかサービスシーンで、この作品の潔さとバランスの取り方を感じる
才人とルイズのラブコメを中心に見せることで、見る側も脱落せずにそこを追ってみられるし、単にそこが強い武器だったようにも思う。惚れ薬の回と、キャバクラの回は破壊力凄かった…

でも2クールあれば、余裕をもってその他の描写にも手が回ったと思うし、垣間見えた設定の細かさは、作品の振り幅の大きさを感じさせるには十分だった。

なんにしても単純に楽しめた作品であることは間違いない。
スタッフの皆様、お疲れ様でした










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://k8c.blog76.fc2.com/tb.php/6-0d9db21c

 | HOME | 

 

最新記事

カテゴリー

FC2カウンター

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。