九死に一生を得ず

アニメ感想、マンガ感想、アニメ系ライブレポ、その他雑記などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANA MIZUKI LIVE ACADEMY 2010

3.14 at横浜アリーナ 参加決定しました!!

人生初のヨコアリなのでちょっと緊張してますw
なぜか、ヨコアリには今まで縁がなかった。
KOTOKOもゆかりんもAice5もことごとく予定が合わず見送ってしまってたんですよね。
なので今回は何度目かの正直でようやく参戦できますw

もうツアーは始まってますし、セトリも見ちゃいたいんですが、
やはりここは当日まで我慢するべきか・・・
というか、まだなのは2曲の聞き込みが甘いから、
そっちの方を早くしないともう2週間しかないしw

パシフィコは行ったことあるけど、横浜遠いんだよなぁ・・・

fripside LEVEL5 -judgelight- 購入日記

2ndクールのOPとはかくあるべし!!(アニメ見てないけどw)
と、思わず唸る切な系のサビのメロディと冒頭のシンセが印象的な1曲。
やはりアニメも後半戦に入ると、こういう切なさと力強さが同居した曲が必要になってくるね
前期の疾走感溢れたテイストも素晴らしいけど、こういうメロディアスなのもいい。
サビの2段構造とかアツいしね。

fripsideは、90年代のavex、小室とかELT五十嵐とかを髣髴とさせる
と良く言われてるけど、その辺がストライクゾーンの自分にとっては、
完全にドンピシャですw
俺妹のCV中村並の俺得w

が、しかし
どうもガルネクの世間での嫌われっぷりを見ると、
打ち込み系のダンスミュージックはまだまだ懐古するには早すぎるようで、
ダサいと言われることが多いよね。

知り合いの女子高生がモロ着うた世代で、
西野カナとか加藤ミリヤとか好きみたいなんだけど、
ガルネクをボロクソに貶してて、
リアルでのガルネク評(それ系の音楽)を聞いてちょっと凹んだw

まぁなんにしても
frip sideは2010年のアニサマでは絶対に聞きたいアーティストには違いないです。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない ドラマCD 試聴版

原作は5巻まで既読
見た目はギャル系だけど、エロゲー好き。というぶっ飛んだヒロイン設定に惹かれ、 
買ったその日に、あれよあれよと一気に4巻まで読んでしまった。

ただ、ちょっと説教臭い面があるにはあるので、嫌いな人はいるかもしれない。
でも、キャラはヒロイン3人とも面白いし個性的。
剣と魔法以外の学園系の話で、ハーレム系よりはオタクネタで笑いたい
そんな人にオススメな作品です。

さて、本題のドラマCD。

http://oreimo.dengeki.com/goods  
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9730604





個人的には中村悠一が兄役ということで気になってたけど、
京介に中村とか俺得過ぎて困るw
ホントゆうきゃんはイケメン声だよね。
テンション高い演技も熱いし、好きな声優さんの1人です。
(関係ないけど、中村声の入った智代アフターを買おうか考え中です)

ヒロインでは、黒猫CV花澤香菜のまさかのハマりっぷりに驚いた。
ゼーガペインも最早遠い昔のことのよう
黒猫のイメージそのままに、存在感のある演技を見せていた。
主役の竹達さんを完全に食ってる感じだったなぁ。
絵が付いてくればまた変わってくるだろうけど

内容的には、原作のものに加えて、書き下ろしのシナリオもあるらしく、期待できそう。

遠藤正明 CIRCUSMAN 購入

サーカスマン


いやっほおおおおおおおおおおおお!!ツアーキタぜえええええええええええええ

バクマン #35 「嬉しさと寂しさ」

服部担当交代

先週のヒキで覚悟はしてたけど、サイコー達と一緒にちょっと落ち込んでしまった。
頼りになる大人として描かれていた服部さんの戦線離脱だけに、
寂寥感と不安感がハンパじゃない。
でも、別れのシーンの描写自体はすごく良かった。
割とアッサリ目だったけど、それも彼ららしさなのかも。
服部さんの若干潤んだ目をしながらも、堂々とした別れの言葉。
サイコー・シュージンの深いお辞儀。
どちらも清々しいながらも熱いものを感じられた。
道は違えど、漫画でこの先も繋がっていく彼らの関係性は、夢を追い続ける未来志向。
いやー青春ですな。

新担当の御浦さんは23歳で、服部さんよりは若いらしいが、画では判断できない(笑
飄々としていた前任者に比べ、今のところ陽気な性格が目立っている御浦さん。
今までそんなに大きな衝突は起こらなかったけど、
ここらで編集サイドと揉めるエピソードも入るのかもしれない。
現実のジャンプでも尾田先生が担当の交代について目次欄で苦言を呈していたし、
この辺の話は是非深いところまで描いて貰いたい。

それと、このシーンは服部さんとの初会合の時もそうだったように、
サイコーの人を値踏みするようなモノローグが反感買いそうだなぁ。
ディスイズ生意気な子供という感じで、ネットの大人層にはウケが悪そう。
サイコーと同世代・それより下だったら共感するような所だろうけど。

他にも原稿料やアシスタントの給料などリアルな話が出てきてた。
それにしても原稿料だけじゃ全然やってけないってのには改めて嘆息した。
丼勘定すると
大体月に80万程度の原稿料があって、アシの給料が3人で70万・・・
そもそもアシ3人ってのも少ないだろうし、原作作画の分業制だとかなりシビアだ・・・
年間契約金が300万とか500万ぐらいはあるんだろうか。それならちょっとは違ってくるか。

で、今週は亜豆には全く触れてもらえなかったんですが、このまますれ違い展開なのかな

けいおんOPはフルで聴くべし

けいおんOP&ED購入
アニメイトの陳列がフラゲ日だというのに凄かった。
ハルヒちゃん1列に対して6列ぐらいあったかな。
スフィアがあんまり押されてないのもちょっと気にはなった。

通して聴いてみての印象は、EDの方はTVサイズとあんまり変わらなかったけど、
OPはフルで聞くと印象変わる。構成が王道展開で起伏に富んでいて飽きさせない。
2番のAメロから「おっ!?」って感じに惹きつけられるし、
Cメロ→オチサビ→大サビの盛り上げはベタながらもいい感じ。

しかし早口だし英詩の部分はあるし、カラオケ大変そうな曲だなぁ・・・

新谷良子の楽曲は普通じゃない

けいおんのMADをニコニコで漁ってて一番気に入ったのがコレ

けいおん! 『ハリケーン!! たくあん!!』

画が曲にあってんのは勿論だけど、新谷良子の曲の良さに再度覚醒した感じ。
文化放送で良く流れてたから耳には入ってたんだけど、いい曲多いよね。
ストリングスとかトランス系のアニソンばっかり聴いてた自分にはとても新鮮。
R・O・Nさんの曲は新谷良子の可愛い部分に凄いフィットしてると思う。
それはバンドサウンド全快なのに、過度に男臭くならないバランス感覚、
言い換えれば、ガーリッシュな空気感が曲全体から感じられるからだと思う。
それが女子軽音楽部アニメである、けいおん!には抜群の相性を持ち
このMADの魅力に繋がっている、と。
いやーSCANDALとか聞いてみようかな

« 新しい日記に行く  | HOME |  古い日記に行く »

 

最新記事

カテゴリー

FC2カウンター

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。